FC2ブログ
2012年06月30日 (土) | Edit |
5年ぶりにお花の先生に会いに行きました。
5年前は私にとっての過渡期だったようで
その年に先生がお花を教えることが出来なくなって
止められたので私もそのまま止めてしまいました。
それから私は潰瘍性大腸炎になり苦しい闘病生活。
その間忘れたことはなかったけれど自分のことでいっぱいで
なかなか行動に移せないでいました。
今年の初めに届いた年賀状に先生が私のうちの近くに
住んでいることがわかり今日時間が取れたので思い切って行ってみました。
思い切らないと行けない・・・私のこと忘れてあるんだろうなという不安。

5年ぶりに会った先生は想像どおり私のことは忘れてありました。
でもしっかり目を見て笑顔でお話されるからうれしかった。
ちっともお変わりないよ。むしろ以前よりずっと穏やかになられていた。
会話の中でうちに帰りたいと思わせるような言葉。自分のこどもたちのこと。
うれしそうに話されていました。スタッフの方と話す時の先生の笑顔。
それを見ていればすべてのことがうまくいってるのがわかります。
ここに住んで落ち着かれたんですね。よかった。
帰る時にそっと手を握ると引き止めるように強く握られた。
また近いうちに必ずここに戻ってきます。
先生から可愛いねって言われて泣きそうになりました。
幸せね~?って聞かれて先生もですか?って思わず聞いてしまいました。
その穏やかなお顔から幸せを感じたので大丈夫だと思います。
また行こう。
これからはいつでも行ける気がする。
懐かしいねって言ってもらえただけで私は満足でした。

先生が忘れててもいいんよ。私が覚えているから。それでいい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック