FC2ブログ
2008年01月12日 (土) | Edit |
9時に病院に到着。店長も早起きして付いてきてくれた。

先生から内視鏡検査のいろんな説明を受けて同意書に
ハンを押した書類を渡す。

採決&血圧
普段は100いかないのに135:77もあった。緊張し過ぎ?

マグコロールPを1800mlを2時間かけて飲んでくださいと渡される。
夕べ飲んだ下剤よりソフトなのかあんまり便意を感じない。
スポーツ飲料みたいな味がする。1時間半で飲みきってしまう。
11時半に店長は店に行ってしまい私ひとりになる。

13時半までに8回トイレに行き最終段階まできてるかどうか
看護士さんに便を見てもらう。この頃はもうやや黄色い透明な水。
もう出るものは何もないよ?拭きすぎてお尻がヒリヒリ。

13:45 検査着に着替えて点滴開始。
血圧は120まで下がっていた。腹をくくってきたのか私?
左手の手の甲に点滴の針を刺されてそれがめちゃめちゃ痛い!
実は点滴初体験!先生に初めてなんです~って言ったら
健康だったんですね~としみじみ言われた。アハハ(´▽`)

検査室に自分で点滴の台を持ちながら移動。
そばで看護師さんが支えてくれた。
検査室は機械だらけでもう緊張しまくりで全身震えだす。
また機械の台だから冷たくて寒いのよ~

14:15(くらい)先生が眠くなる注射を点滴に打つ。
点滴に打つんですか?って聞いたらそんなに注射ばかりはイヤでしょ?って
言われた。ごもっとも。されると思っていたからね~怖かったもん~
でも薬を入れられた瞬間手の甲から左手、首まで鋭い痛みが走る!
それがあまりにもリアルでわかるので怖い~マジでビリビリ走るんだもん。
この後はお尻から大腸の一番奥に内視鏡を入れて後戻りしながら
要所要所を画像観ながらチェックされていたみたい。(想像)
私からは何も見えないし頭は意識はあるけど少し朦朧としてた。
でもおなかに何かがはいるのがよくわかるのよ~痛くはないけど。
最初は左向きに寝かされて少し仰向けで右足を左に斜めに倒して検査は続く。
肛門の近くの直腸で先生たちの動きが少し慌しくなる。
あ~やっぱり。ここに何かあるのね。
生検にまわそうという声が聞こえる。切り取ったような声がする。
終わった後先生が潰瘍性がなんとかだというのが聞こえて
じゃがんじゃないんですね?って何度も私が念を押して聞いてるので
先生が目を覚ます薬を点滴に入れて~後で話しましょうと言われた。
そして今日は帰れますよ~の言葉がめちゃめちゃうれしかった。

車椅子でさっきまでいたベッドに運ばれ点滴はそのままで横になる。
この時15時!検査は全て終了した。
17時前には点滴を外されたので着替えて待合室で先生に呼ばれるのを待った。
17時半にようやく呼ばれて説明を聞きました。

潰瘍性大腸炎(たぶん)
直腸にただれ、炎症によるポツポツがあるのでそれを切り取って
生体検査に出すとのこと。
ポリープや潰瘍はなかったので安心してください。がんではありません
とのことでした。消化がよいものを食べて刺激物・アルコールはしばらく
控えたほうがいいみたい。

がんじゃなかったことがめちゃめちゃうれしかった。
検査を決めてから3日間。時間が経つのが遅くて精神的にかなり参っていた。
身辺整理も考えたし店長のこと親のこといっぱい考えた。
店長が神社で私の検査を祈ってくれててお守りまで買って来てくれた。
そんなことしてくれるなんて・・・平気そうな顔してて心配してくれてたんやね。

18日(金)に詳しい検査結果が出るのでそれを聞きに行って
なにもかもはっきりしてやっと気が楽になると思う。
それでもがんじゃなかったことがたまらくうれしい。

携帯やブログ、ミクシィにたくさんの励ましの言葉をいただきました。
言葉ってすごい!検査に挑む勇気をもらいました。
ありがとう~本当にありがとう~(〃^∇^)o_彡☆彡☆ヾ(⌒▽⌒ )ノ
コメント
この記事へのコメント
marcheです
よかったです!とりあえず、大きな病気でなくて!^□^/
一緒に早起きしてくれる店長さんもお優しい♪♪
早くスッキリしたいですね。
しばらく安静に・・・かと思いますが、頑張ってください★
2008/01/12(Sat) 22:37 | URL  | コヤマリコ #-[ 編集]
はい!(〃^∇^)o_彡☆
ご心配おかけしました~
時々おなかがぎゅーっとなりますけど
検査して精神的に少し落ち着きました。
1週間くらい休みたいけど店が気になるので
今日から仕事に行きます~
18日の検査結果が待ち遠しい~
v-354
2008/01/13(Sun) 09:33 | URL  | アジパラヨーコ #ONVmrvNQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック