FC2ブログ
2019年10月02日 (水) | Edit |
火葬場で時間待ち中に久しぶりに伯母の家族と
ゆったりと過ごせました。
伯父は伯母と結婚して子や孫やひ孫まで
2人から始まって大家族に囲まれ
幸せな生涯だったと思います。
お坊さんが式の最中にお経とともに伯父の
一生を語ってくれた時涙が出ました。
伯父が残した子供たちにはちゃんと想いが
受け継がれているから安心して天国に行ってね。
子や孫を、そして姪と甥もホントによく可愛がってくれてた。
義理の弟である亡父のこともホントの弟のように
可愛がっていた。人がよいとは伯父のために
あるような言葉だと思う。
そんな伯父の遺影を見ていてこどもの頃口ごたえして
ごめんなさいと呟き、遺体にまた逢おうねと囁いて
見送りました。
29日(日)お見舞い→訃報→通夜→葬儀と
4日間あっという間に過ぎていき帰ってきたら
少し抜け殻になりました。
集まるのがだんだんと悲しみ事が多くなってきてるので
それは少し寂しいけど集まれる時は集まりたいなと思う。

友人のお身内のお見舞いに行った時マップで見た
病院名がやたら気になるなあと思っていたら
伯父はここに入院していました。
知らずに通り過ぎてたのね。
ちょこっと不思議なご縁感じました。
2019年10月02日 (水) | Edit |
asiparayoko

おいちゃんのお通夜に行く前にうとうとバスに揺られてたら「なんや~お前、ようこ!」って声が聞こえた気がした。いつも子供の頃の私をからかってニコニコしてた伯父。一昨日お見舞いで逢ったばかりなのにもうお別れなのは悲しすぎる。またどこかで逢えるね。きっとね。
10-01 20:24